自動車用緊急脱出ハンマーのガラス破砕性能について調べてみた

自動車用緊急脱出ハンマーとは車が水没したときにガラスを割って社外に脱出するときに使用する小型のハンマー。

※この記事は性能を保証するものではありません。自己責任でご使用ください。

シートベルトカッターも付属しているものが主流です。

構造的にはとてもシンプルで、ガラスを割るハンマー部分には金属の突起、カッターは安全性を考慮した形状でグリップ部分についていることが多いです。

さて、このハンマーも中国産が大多数を占めていますが一部には粗悪なつくりのものが出回っているようです。

国民生活センターの記事

使用方法についてはこちら[国土交通省]

国民生活センターのレポートを見ると19銘柄中5銘柄が3回以内にガラスが破砕できなかったようです。

破砕できなかった5銘柄はもう無視して破砕できたものだけを列記してみます。

・ ㈱小糸製作所 「緊急脱出ツール付 非常用シグナルライト

・ ㈲ミッド 「クライシス

・㈱アクセラ 「スーパーマルチ ライフハンマー

・㈱オートバッ クスセブン「セイフティー プロハンマー

・㈱ジョイフル「多機能ライフハンマー &LED緊急ライト

・㈱長谷幸製作 所 「たすける君Ⅱ

・ 大橋産業㈱「ブレイクハンマー

※変形する

・ ㈱ジーエム「ライフハンマー プラス

・ 大自工業㈱「レスキューハンマー

・㈱ワイピーシ ステム 「消棒RESCUE

・日本カーリッ ト㈱ 「ハイフレヤー プラス+ピック

・ 大橋産業㈱「エマージェンシーギア

・㈱ジーエム「ライフハンマー エボリューション

・㈱ジーエム「レスキューミー

また、最近の車のフロントガラスはハンマーでは破砕できないようです。

現在販売されている自動車のフロントガラスは、合わせガラス(2 枚のガラス間にフィルムが 入っている構造のガラス)など容易に貫通されないガラスでできているため、フロントガラス を自動車用緊急脱出ハンマーで破砕しようとしてもヒビが入る程度で破砕できません。そのた め、実際の緊急時に脱出するにはフロントガラス以外のガラスを破砕する必要があります

消費者生活センターのレポート引用

 

また、効率よくガラスを破砕するには隅をたたくのが効果的だとか。

使用しないに越したことはないのですがいざという時のために1本は持っておきたいですね。

また、生命にかかわるものですので慎重に選びましょう!